歯の着色汚れを防ぐために日常生活で実践できる4つのセルフケア

歯の着色汚れを防ぐために日常生活で実践できる4つのセルフケア

白くて美しい歯を目指すには、歯科医院でオフィスホワイトニングをしてもらう方法以外に、自宅でも実践できる方法があります。

 

 

着色汚れが目立ちにくい綺麗な歯になれるセルフケアの方法を4つご紹介しましょう。

 

着色汚れを招く食品を控えよう

 

ステインと呼ばれる歯の着色汚れが気になる場合には、その原因となる食べ物や飲み物の摂取量を減らすことで、汚れを防ぐことができます。着色汚れを招く物としては、コーヒーや紅茶、烏龍茶といった飲み物のほか、チョコレートや赤ワインといったポリフェノールを含む食品が挙げられます。また、醤油やカレー、ソースなど色の濃い調味料も着色汚れを引き起こすもとになります。

 

リフレッシュ効果を持つ嗜好品を完全に我慢する必要はありませんが、ステインの原因になることを忘れず、適量を守って摂取することが大切です。

 

 

.食後の行動も大切なポイント

 

着色汚れを防ぐ上では、食後に歯磨きをする習慣を付けることも大切です。歯磨きは、虫歯予防だけでなく、歯周病や着色汚れの予防など、幅広く歯の健康を支える行為です。仕事の関係などで、昼食後になかなかしっかり歯磨きをする時間が確保できないという場合には、口を漱ぐだけでも、ステインの予防になります。シリコン製の折りたたみ式のコップを携帯しておくと、外出先でもさっとうがいができて、口の中をさっぱりさせることができます。

 

折りたたみ式のコップは、ドラッグストアや100円ショップなど身近なお店で販売していますので、探してみて下さい。また、コーヒーや紅茶を飲む際に、水を一緒に飲むようにする方法も、着色汚れ対策としておすすめです。着色の原因となる色素を水でしっかり流す、薄める、という意識を持って過ごすようにしましょう。

 

 

ガムを上手に活用しよう

 

 

外出先でのオーラルケアに便利なのが、ガムです。

 

キシリトールやリン酸オリゴ糖カルシウムといった歯の健康を保つ上で有効な成分を配合したガムのなかには、特定保健用食品として認められている商品も登場し、歯科医師からもその効果の高さが注目されています。機能性を追求したガムには、虫歯予防効果だけでなく、ホワイトニング効果を付加したガムもみられます。ホワイトニング効果を持つガムとして人気を集めている商品としては、メタリン酸ナトリウムを配合したロッテのキシリトール・ホワイトが挙げられます。

 

 

スーパーやコンビニなどで手軽に購入できるガムを上手に取り入れて、歯の美しさを保ちましょう。

 

 

.洗口剤で歯の白さをアップしよう

 

 

ホワイトニングのホームケアに活用できるのが、洗口剤です。

 

口臭や虫歯を予防する効果と併せて、着色汚れを浮かせて、歯の本来の美しさを取り戻す効果を持つ洗口剤も販売されているので、ぜひ取り入れて下さい。洗口剤を毎日正しい用法で使用することで、歯の白さやツヤが甦り、ホワイトニングの効果を実感しやすくなります。商品によって、香りや刺激の強さに違いがあるので、自分の体質や好みに合う商品を見つけて、無理なく継続することが大切です。