歯を美しく健康に保つために見直すべき7つの歯磨き習慣

歯を美しく健康に保つために見直すべき7つの歯磨き習慣

歯磨きは、歯の健康を守るうえで非常に重要です。

 

歯を美しく健康に保つには、日々の習慣を見直すひつようがあります。

 

今回は、見直すべき7つの歯磨き習慣について、考えてみたいと思います。

 

歯磨きのタイミングを見直そう

 

食後すぐに、歯磨きを行っている方も多いと思います。ですが、歯磨きを食後に行ってしまうと、歯が削れる可能性もあります。20分ほど置いてから、歯を磨くようにしてください。 また、寝る前の歯磨きは、非常に重要です。口の中の菌の繁殖を防ぐ意味でも、必ず行いましょう。

 

磨きすぎを見直そう

 

歯を磨き過ぎてしまうと、歯や歯茎を傷めてしまいます。強い力で磨いたり、長時間の歯磨きはやめておきましょう。正確な方法で磨くようにすれば、必要以上に磨かなくても大丈夫です。硬いタイプの歯ブラシも、避けるようにしてください。また、研磨剤が含まれた歯磨き粉を使っている場合にも、注意が必要です。歯が削れる危険性が増すので、短時間で優しく磨きましょう。歯茎に痛みが出た場合は、磨き過ぎの可能性もあります。すぐに歯磨きの仕方を、見直しましょう。

 

歯磨きの回数を見直そう

 

歯磨きを一日に何回も、する必要はありません。朝と夜の2回で十分です。何回も磨き過ぎると歯茎や歯の負担になるので、口に不快感がある場合は濯ぐぐらいにとどめておきましょう。

 

歯ブラシの交換頻度を見直そう

 

歯ブラシの毛先は使うごとに、広がっていきます。広がりすぎると歯磨き効果も薄まるので、一か月に一度は交換を行いましょう。とはいえ、これは目安でしかありません。毛先の広がりがみられ物や、毛がくたびれた歯ブラシは交換が必要です。触ってみて弾力が失われた歯ブラシや、ヘット側から見て毛がはみ出している歯ブラシはすぐに好感しましょう。

 

歯磨きにかける時間を見直そう

 

歯磨きにかける時間は、長すぎても短すぎてもいけません。5分から10分かけて、念入りに磨きましょう。とはいえ、朝あわただしい時に歯磨きに時間をかけられない人もいます。そういった方は、朝や少し短めに、寝る前は念入りに磨くようにしてください。

 

歯の磨く箇所を見直そう

 

磨いていても、必要な箇所に毛先が当たっていないのであれば、意味がありません。歯の間や歯と歯茎の間に当てながら、磨くと良いでしょう。歯と歯茎の間は、なるべく優しく磨くようにしてください。

 

歯磨き粉の使い方を見直そう

 

歯磨きをを付け過ぎると、唾液が必要以上に落ちてしまいます。唾液は口の健康を守るうえでとても重要なので、歯磨き粉の付け過ぎには気を付けましょう。歯磨き粉の量は、毛の半分以下で十分です。また、歯磨き粉には、歯を守る効果のあるフッ素が含まれているものが多いです。フッ素を落としすぎないように注意してください。歯磨き粉を使用した後は、一度口を濯ぐ程度で十分です。

 

■最後に■

 

間違った習慣を正すことで、口の健康リスクを減らすことができます。正しい歯磨き習慣を身に着けて、口の健康を保ちましょう。